乳腺症

症状・原因・対策

症状

hana01.jpg乳房にしこりができ、月経前になると大きくなり、触ると痛みを感じます。しこりが動いて触りにくいのが特徴です。乳房に重い感じや圧迫感、不快感などを感じる場合もあります。人によっては激痛になることもあります。大抵はしこりが両側の乳房に同時に生じます。月経が終わるとしこりが小さくなり、痛みもやわらぐのが特徴です。乳頭から分泌物が出ることもあります。30代から50代の女性に多く、女性の6割がなるとも言われています。


原因

乳腺症は健康な女性に起きる体の変化であり、厳密な意味で病気ではありません。若い女性の乳房には乳腺組織が詰まっていますが、加齢と共に乳腺組織が脂肪組織に置き換わっていきます。月経の際には乳腺組織が張りますが、この張りが周囲の組織を圧迫して痛みを感じ、外からはしこりのように認識されるのです。月経時に分泌される女性ホルモン「エストロゲン」が乳房の張りなどをもたらしていますが、この分泌が過剰であると乳腺症になることが多いようです。


対策

乳腺症は良性のしこりなので、ほとんどの場合特に治療の必要がありません。しかし、万が一乳がんの可能性もありますので、乳房にしこりがあったら一度病院で検査を受けておいたほうが安心です。hana03.jpg乳腺症であるとわかったしこりは、特別に強い痛みを感じなければそのままにしておいて問題ありませんが、「乳腺症の患者は乳がんになる確立が高い」という報告もあり、また乳腺症のしこりによって乳がんが発見しにくくなる場合もあるため、その後の経過には十分注意が必要です。


Yahoo Japan 登録サイト