不妊症

症状・原因・対策

症状

hana01.jpg子どもが欲しいのに妊娠しないのが不妊です。健康な男女が避妊しなかった場合、1年以内で8割が、2年以内に9割が妊娠するとされています。このため、夫婦間に正常な性生活があるにもかかわらず2年経っても妊娠しない場合を不妊症と考えます。過去に一度も妊娠したことがないものを原発性不妊、過去に妊娠したことはあるがその後2年以上妊娠しない場合を続発性不妊と言います。単に「不妊症」と呼ぶ場合は原因を男女いずれかに特定せず、望んでいるのに妊娠しない夫婦の状態を指しています。


原因

不妊は男性に原因がある場合と女性に原因がある場合があります。その割合は男性が3割、女性が5割、原因が特定できないものが2割と言われています。男性に原因がある場合は、精子が少なかったり精子の活動する力が弱かったりというものです。女性に原因がある場合は、女性ホルモンが弱いために卵子が十分成長しなかったり、排卵が行なわれなかったりという排卵障害が最も多いようです。そのほか、卵管が詰まる卵管障害、子宮内膜の状態が悪く受精卵が着床しないなどの要因のほか、子宮内膜症などの病気が関係していることもあり、その原因は様々です。


対策

不妊症の治療には、夫婦そろって病院に出向き、原因を探るための検査をしてもらうことが必要です。
原因を突き止めれば、それに対応した治療を行なうことができます。男性が原因の不妊の場合は、ホルモン療法などで精子を増やし、活発にする治療が行なわれます。hana03.jpg女性が原因の場合は、その原因を探るためにかなりの時間と労力がかかることが予想されますが、多くの場合はホルモン療法や排卵誘発剤などが用いられます。



Yahoo Japan 登録サイト