生理不順

症状・原因・対策

症状

hana01.jpg月経周期は人によって異なり、また毎月一定しているわけでもありませんが、おおよそ25日から38日とされています。しかし、この周期が短くなって24日以内に月経を繰り返したり、逆に39日以上間隔が空いたりすると生理不順と判断されます。ひどい場合には月経の間隔が3ヶ月以上空く「無月経」の状態になることもあります。また、月経期間は通常3日から1週間程度ですが、それ以上長く続いたり、反対に1日程度で終わってしまうような場合も生理不順であると言えます。


原因

生理不順はホルモンバランスの異常によって生じます。ホルモンバランスを崩す大きな要因は、ストレスです。ホルモンの分泌をつかさどる脳の視床下部は自律神経の中枢としても働いているため、ストレスを感じるとすぐにホルモンバランスに影響が出ます。また、過激な運動や過激なダイエット、過食症や拒食症も同じく視床下部に悪影響を与え、生理不順や無月経の原因になります。

対策

hana03.jpg生理不順は、ストレスが除かれたり過激な運動や過激なダイエットなどをやめれば治ることがしばしばです。しかし、忙しい生活を送っていて常にストレスが絶えなかったり、体質的にホルモンバランスが安定していないような場合には、漢方薬やホルモン剤の投与による治療も行なわれます。さらに、低用量ピルをホルモン剤として用いることもできます。低用量ピルを服用すると、月経周期が28日に固定されます。


Yahoo Japan 登録サイト