片頭痛

症状・原因・対策

症状

hana01.jpgその名の通り、頭の一部分がズキズキと痛みます。痛くなる部分が決まっている場合も少なくありません。痛みはかなり激しく、何も手につかないほどです。痛みが続くのは数時間から数日程度です。女性のほうがなりやすく、月経期間中になりやすい傾向があります。一度片頭痛を経験すると、週に1,2回から月に1,2回程度頭痛が生じる「頭痛持ち」になってしまうことが多いようです。


原因

脳の血管が急に収縮して拡張するため、血液が急に流れることによって周囲の感覚神経を刺激して生じると考えられています。大きな仕事をやり終えたときやストレスから解放された時など、緊張状態が一気に解かれたことにより血管が急に拡張することがあります。また、人ごみの中や旅行など、普段と違う緊張状態に身を置いたときにも血管が収縮し、その反動で拡張することによって片頭痛が生じることもあります。


対策

片頭痛は市販の頭痛薬が効きにくいと言われています。早めに飲めばある程度効きますが、自分が「頭痛持ち」であると自覚したら、お医者さんに診てもらい適切な薬を処方してもらうのもひとつの方法です。片頭痛は血管の拡張によって生じているので、理論的には血管を収縮させることによって収まります。hana03.jpgそのための薬も用意されていますので、痛みを我慢せずに診察を受けたほうが良いです。頭を冷やして血管を収縮させるのも応急的には効果があります。片頭痛が毎日のように頻繁に生じる場合は、市販の鎮痛剤を飲み続けていると効かなくなります。必ず医師の診察を受けましょう。


Yahoo Japan 登録サイト