うつ病

症状・原因・対策

症状

hana01.jpg特に理由もないのに気分が落ち込み、憂うつになります。今まで楽しみにしていたことが楽しくなくなり、何をしても気分が晴れず、やる気も起きません。身体的な症状としては、体のだるさ、不眠、眠気などが見られます。何をするのもおっくうになり、学校や会社へ通うことが難しくなったりします。ひどくなると自分には価値がないと思い込むようになり、生きているのがつらくなり、自殺を考えるようになります。


原因

うつ病は、脳内で情報伝達を行なう神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンの不足によって起こると考えられています。ストレスが重なり、長年溜め続けることによって発病することが少なくありません。そのため、まじめで几帳面な性格の人がなりやすいとされます。とはいえ性格とは関係なく誰でもなる可能性があります。このほか、女性ホルモンの変動によって生じる場合もあり、女性のほうが男性よりうつ病になりやすい傾向があります。


対策

ストレスを溜めないこと、何でも自分で背負ったり自分のせいにしたりしないことが予防につながります。自分なりのストレスの発散方法やリラックス法を身に着けておきましょう。うつ病になってしまったら、恥ずかしがらずに精神科・心療内科を受診しましょう。hana03.jpgうつ病によく効く薬が開発されており、適切な薬を適切な量飲み続ければかなり良くなります。一定期間の休養が必要な場合もあります。ホルモンが原因している場合は、ホルモン補充療法が効果的です。



Yahoo Japan 登録サイト