尿もれ

症状・原因・対策

症状

hana01.jpg重い物を持ったり、走ったり、大声で笑ったり、せきやくしゃみをしたりなどした拍子に少量の尿がもれてしまうことを尿もれと言います。腹圧がかかることによるもので、腹圧性尿失禁とも言います。40代以上の女性では4人に1人が尿もれを経験しているともされ、20代や30代の女性でも経験する人が少なくありません。恥ずかしさや、病気ではないからという理由により誰にも相談せず、ほっておかれる場合も多いようですが、尿もれが原因で外出がおっくうになってしまうという人もおり、見過ごせない問題です。


原因

尿もれは骨盤底筋という筋肉の老化が大きな原因です。骨盤底筋はその名の通り骨盤の底にあり、膀胱や子宮、膣、直腸などを下から支えています。しかし年齢を重ねることにより骨盤底筋は弱ってゆるみ、その結果膀胱や尿道が骨盤内で圧迫されるようになります。こうした状態の時に腹圧がかかると、尿がもれてしまうのです。尿もれは女性に多く見られますが、これは男性に比べて女性は尿道が短く、骨盤底筋の力がもともと弱いことによります。また、出産も骨盤底筋を弱くすることがあり、出産経験が多いほど尿もれになりやすいと思われます。


対策

骨盤底筋が弱っているかどうかは、排尿中におしっこを止めようとしてみるという方法で確かめられます。これでおしっこが止まったり出が弱くなるようなら骨盤底筋がしっかり働いていますが、尿の出に何の変化もないなら骨盤底筋は相当弱っています。骨盤底筋は、「骨盤底筋体操」を定期的に行なうことでかなり鍛えることができます。hana03.jpg
これは、立った状態や座った状態、仰向け、四つんばいなど好きな体勢で全身の力を抜き、肛門や膣をギュッと閉めたりゆるめたりする運動を繰り返すものです。体操で改善しないようなひどい場合には、尿道の周りを補強する手術を行なうこともあります。


Yahoo Japan 登録サイト