毎月 生理が来るたび、痛くて、痛くてベットから立ち上がることすらできなかった OLが、「ある法則」を知っただけであの悲惨な痛みから解放されたんです。詳細はこちら↓ 詳細


目次

スポンサーサイト

子宮筋腫

症状・原因・対策

症状

hana01.jpg子宮内部の筋肉内に腫瘍ができた状態が子宮筋腫です。子宮筋腫は良性の腫瘍ですが、排尿障害、生理痛や生理不順といった月経異常を引き起こすことがあります。また、腫瘍が大きくなると周囲の臓器を圧迫するため、腰痛や神経痛を引き起こします。不妊や流産の原因になる場合もあります。しかし、子宮筋腫にはほとんどの場合これといった自覚症状がなく、気付かずに生涯を終える人も少なくないようです。

原因

子宮筋腫の原因ははっきりと分かっていません。ただ、思春期前の女性にはほとんど見られず、閉経期になると筋腫が小さくなることから、子宮筋腫の発生と成長には女性ホルモン(エストロゲン)が関わっていると考えられています。また、女性の結婚年齢の上昇と共に初産年齢が上がり、生涯での出産回数も減っていることから、女性が妊娠していない期間が長くなっており、これが原因のひとつとも考えられています。子宮付近の血流障害も筋腫ができやすい要因です。

対策

hana03.jpg血流の悪化が筋腫の発生や成長に関係していると思われるため、冷えや同じ姿勢をとり続けること、窮屈な下着などで体を締め付けることは避けたほうが良さそうです。血流の改善に良いとされる食品を多く摂るようにし、動物性タンパクの摂り過ぎは避けましょう。検査で子宮筋腫が見つかっても、何も症状がなく腫瘍があまり大きくなければ、特に治療せずに経過を見るだけのことがあります。閉経期が近い人なら、薬で閉経状態にして腫瘍が小さくなるのを待つという治療法があります。筋腫が大きくなり、他の部分に悪影響が出てきているのなら手術が必要です。

子宮内膜症

症状・原因・対策

症状

hana01.jpg生活に支障をきたすほどの激しい月経痛を訴える人がほとんどです。この場合、月経のたびごとに痛みが強くなり年々症状がひどくなっていきます。また、月経時以外の通常時でも下腹部痛や腰痛を感じることがあります。また、排便通や排尿痛を訴える人もいます。吐き気を感じる場合もあります。さらに、性交時に膣の奥が痛む性交痛を感じる人もいます。さらに、月経血が異常に多く月経期間も長い「過多月経」になることもあります。


原因

子宮内膜症は、本来子宮の内側にあるべき「内膜」が子宮外にできる病気です。子宮の内部を覆っている子宮内膜は、妊娠しなければ月経時に血液とともに体外へ排出されます。しかし、何らかの原因で子宮の外に内膜が出来てしまった場合、月経時になってもそれを排出する出口がないため体内にどんどん溜まっていきます。子宮内膜症は今から100年ほど前に初めて発見されましたが、いまだにその原因は分かっていません。

対策

hana03.jpg症状が軽ければ、特に治療をせず経過を見ることもあります。子宮内膜症の治療には、大きく分けて薬物療法と手術療法のふたつがあります。薬物療法は、閉経状態にする場合と妊娠した状態にする場合があり、どちらも病巣の進行を抑えることができます。ただし、再発の危険もあります。症状がひどければ手術が必要ですが、病気の進行や年齢などによって、病巣だけを切除するか、子宮と卵巣の病巣だけを摘出するか、子宮と卵巣そのものを摘出するかを選択しなければなりません。完治するには子宮と卵巣を摘出するしかありませんが、妊娠できなくなるほか、更年期の症状が出るというデメリットもあります。


子宮内膜炎

症状・原因・対策

症状

hana01.jpg子宮内膜炎で一般的なのは、急性子宮内膜炎です。この場合の症状には、不正出血、おりもの、高熱、下腹部の激痛や腰痛、排便・排尿痛、腰痛などがあります。子宮内膜炎が慢性化すると慢性子宮内膜炎と呼ばれるようになり、それほど大きな症状は出ませんが、生理不順や無月経になることがあります。これらとは別におもに閉経後に表われる老年性の子宮内膜炎もあります。老年性の場合は、おりものや下腹部痛が主な症状として表われます。


原因

子宮内膜炎は外性器から子宮へと細菌が侵入することが原因なので、外性器を清潔にすることで防げます。通気性の良い下着を着け、いつも陰部を清潔に保ちましょう。特に子宮内膜炎になりやすい出産後は、出血で陰部が不潔になりやすくなっています。面倒がらずにこまめに洗い流すことを心がけましょう。また、定期的に月経があれば子宮内での菌の繁殖を防ぐことができます。月経が不順であるなら、ホルモン剤や低用量ピルで月経周期を一定に保つようにしましょう。治療としては、原因となっている菌に合った抗生物質が使用されます。


対策

hana03.jpg子宮内膜炎は外性器から子宮へと細菌が侵入することが原因なので、外性器を清潔にすることで防げます。通気性の良い下着を着け、いつも陰部を清潔に保ちましょう。特に子宮内膜炎になりやすい出産後は、出血で陰部が不潔になりやすくなっています。面倒がらずにこまめに洗い流すことを心がけましょう。また、定期的に月経があれば子宮内での菌の繁殖を防ぐことができます。月経が不順であるなら、ホルモン剤や低用量ピルで月経周期を一定に保つようにしましょう。治療としては、原因となっている菌に合った抗生物質が使用されます。

子宮頸がん

症状・原因・対策

症状

hana01.jpg子宮頸がんの初期には自覚症状がほとんどありません。がんが進行すると、おりものが増えたり、不正出血や性交時の出血が見られるようになります。さらに進行すると、下腹部の痛みや性交痛、血便・血尿といった症状が表われます。


原因

子宮頸がんは、その名の通り子宮の入り口付近の子宮頸部にできるがんです。がんの中でもめずらしく、ウイルス感染によっておこります。子宮頸がんを引き起こす「ヒトパピローマウイルス」は男性の精液の中などに含まれており、性交によって女性に感染します。このウイルスに感染すると、子宮頸部の細胞が変化してがんになります。このため、性行動の盛んな10代から20代の女性に広がっています。
一方で妊娠・出産経験の多い40代から50代にも多く見られます。これは、出産時の物理的な刺激ががんの引き金になっているものと考えられます。


対策

子宮頸がんは性交によって感染するため、コンドームの使用によってある程度は防げます。ただし、子宮頸がんを引き起こすヒトパピローマウイルスは男性の生殖器以外の皮膚からも感染する可能性があるため、コンドームで100%予防できるとは限りません。hana03.jpg性交経験があればどんなに若くても発症の可能性があります。子宮頸がんは見えやすい部分にあり、発見も治療もしやすい病気ですから、子宮頸がん検診を受けておきましょう。子宮頸がん検診は、綿棒などで子宮頸部の粘膜をこすり取るだけで、痛みもなく1分程度で終わります。こすり取った細胞を顕微鏡で観察し、がんの有無を調べます。


子宮体がん

症状・原因・対策

症状

hana01.jpg初期から月経時以外の不正出血があります。この出血は月経に伴うものではなく、がん病巣からのものですが、月経不順と誤解しがちなので注意が必要です。また、水っぽいおりものが見られます。最初は少量ですが、進行すると、おりものに血やうみが混じるようになり、量も多くなります。特に閉経したのに不正出血がある、だらだらとおりものが続く、おりものに血が混じる、という症状があれば子宮体がんの疑いが濃厚です。人によっては激しい下腹部痛を伴うこともあります。


原因

子宮体がんは頸がんと違い、ウイルス性ではない普通のがんです。過剰に分泌された女性ホルモンが原因ではないかと考えられています。子宮内部の内膜にできるため「子宮内膜がん」とも言われます。50代から60代など、閉経後の女性に多く見られ、若い女性にはあまり例がありません。これは、閉経前であれば子宮内膜が毎月の月経ではがれ落ちるため、内膜ががん化していたとしても早期に体外へ排出され、がんが成長しないことによると思われます。


対策

不正出血を見逃さず、月経が規則正しく訪れるような生活を送ることが予防になります。また、低用量ピルの服用は子宮体がんの発生を抑えることが確認されています。子宮体がんの危険因子としては肥満・糖尿病・高血圧・高脂肪な食生活が挙げられており、日常の食生活を健康的なものに保つことも予防につながります。hana03.jpg40歳を過ぎたらリスクが高まってきますので、年に一度は子宮体がんの検診を受けておきましょう。治療としては、ホルモン剤の投与が行なわれます。症状が進むと子宮などを摘出する手術が必要になります。


サイトトップへ戻る