毎月 生理が来るたび、痛くて、痛くてベットから立ち上がることすらできなかった OLが、「ある法則」を知っただけであの悲惨な痛みから解放されたんです。詳細はこちら↓ 詳細


目次

スポンサーサイト

間質性膀胱炎の原因は?

hana01.jpg間質性膀胱炎の原因はまだよくわかっていません。幾つかの説が唱えられていますが、間質性膀胱炎の患者の膀胱粘膜からアレルギー疾患を引き起こす肥満細胞が多く発見されているため、アレルギー反応だとする説が有力視されています。実際の治療においても抗アレルギー薬が用いられています。

間質性膀胱炎の場合の注意点

hana01.jpg尿が酸性になったり、刺激の強い食品を摂ったりすることは症状を悪化させると考えられます。アルコールやカフェインを含んだ飲食物は避けたほうが賢明です。また、膀胱炎では早めにトイレに行き、細菌を早く排出させることを心がけますが、間質性膀胱炎の場合は細菌性ではないため、その必要はありません。


hana03.jpg間質性膀胱炎は長期的な病気のため、尿があまり溜まらないうちに排出する習慣をつけていると膀胱が萎縮し、尿を溜めておけなくなります。むしろ、できるだけ尿意を我慢し、膀胱の力を保つようにしましょう。

検査で異常がないと言われたら間質性膀胱炎かも?

05.jpg

膀胱炎は尿の中から細菌が検出されることにより、すぐに診断できる病気です。


しかしながら、頻尿や強い尿意、膀胱の痛みなどの症状があるのに尿中から最近が検出されず、検査の結果「異常なし」と診断されてしまうことがあります。


もしそうなったら要注意。間質性膀胱炎になっている可能性があります。間質性膀胱炎とは、炎症が膀胱の粘膜の奥の間質という部分に達してしまった状態です。間質性膀胱炎の原因や治療法はまだ十分に分かっていないため、病院によっては満足な治療が受けられないこともあります。良いお医者さんを探しましょう。

サイトトップへ戻る