膀胱炎の年齢層なりやすい人はどんな人

06.jpg膀胱炎の患者の中で圧倒的に多いのは20代から30代にかけての年齢層の女性です。ただし、その年代の女性が特にかかりやすいというわけではなく、どの年代でもかかる可能性はあります。


とはいえ、統計的に若い女性に膀胱炎が多いことには理由があります。まず、20代から30代の女性は仕事が忙しく、トイレを我慢しがちであることです。


これは、膀胱内で細菌が増殖する原因になります。また、若い女性は性行動が他の年代に比べて活発ですが、これは膀胱に細菌が侵入する危険を高めます。さらに、羞恥心から異常を感じてもなかなか病院に行かないことも少なくなく、これが膀胱炎を悪化させることにもつながっているようです。


Yahoo Japan 登録サイト